グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



古庄自動車学校について
ホーム >  古庄自動車学校について >  指導員に突撃インタビュー!

指導員に突撃インタビュー!


「古庄自動車学校って、どんな雰囲気なんだろう」「うまく運転できるかな」そんなみなさんの不安や疑問に、指導員がおこたえします!

Q1. 古庄自動車学校のいいところはなんですか?

なんでも質問しやすい環境

指導員に質問するって、ちょっと勇気がいると思うんですけど、だからこそ聞きやすい環境づくりを意識しています。(久住指導員)

雰囲気が良い!

フレンドリーな雰囲気で楽しく教習ができます!(中島指導員)

指導員同士や教習生との仲がいい

指導員同士では、たまにツーリングに行くほど仲が良いです。(山田指導員)

Q2. 運転が上手になるコツはありますか?

イメージトレーニングをすること、運転するときに近くを見すぎず、行き先を見ること  

助手席に座っているときでも、運転するイメージを持ってみてください。鼻の先を行き先の方向に向けるイメージをもつといいですよ!(久住指導員)

たくさん失敗すること 

一度失敗すれば、次に失敗しなくなる。失敗を繰り返して覚えていきましょう。(中島指導員)

安全運転の意識からはじめましょう

運転の技術や知識があっても、安全運転の心構えがないと事故を起こしてしまいます。安全ルールを意識するために、学科試験も大事ですよ。(山田指導員)

Q3. 教習をするうえで心掛けているところは何ですか?

教習生の性格に合った指導をすること

たのしく学びたい子、ムダなく真面目に技能を学びたい子、あまり話すのが得意じゃない子…それぞれで声のかけ方を変えるので、人格が変わってるように見えるかも(笑)?(久住指導員)

なるべく緊張しない指導

ゆるい雰囲気や言葉遣いかもしれませんが、指導はしっかりしていますよ(笑)!(中島指導員)

交通ルールを徹底的に守る

ちょっとしたミスがトラブルの原因になることもあります。自分自身が交通ルールを守るのはもちろん、教習生が路上に出たときに困らないようにしっかりと指導します。(山田指導員)

Q4. 教習生へのメッセージをお願いします。

わからないことがあったらなんでも聞いてください!

先生によって教え方が違うこともあるので「前の先生はこうだったけど…」ということも気兼ねなく言ってくださいね。(久住指導員)

失敗しても大丈夫!むしろたくさん失敗しよう!

「失敗しないように運転しよう」ではなく、「失敗して覚えよう」という気持ちで。脱輪しても大丈夫!(中島指導員)

最初はなにもできなくても大丈夫。ひとつひとつ丁寧に指示を出します。

最初はガチガチでなにもできない教習生もいますが、慣れてくるまではひとつひとつ指示を出すので、安心してください。(山田指導員)

インタビューに回答した指導員

久住尚司指導員

■ 自分の性格を一言で言うと…
断れない性格
■ 愛車はなんですか?
スプラッシュ(スズキ)
■ ドライブするなら?
150号線の海沿い。朝霧へ向かう52号線の道
■ 趣味、特技はなんですか?
ホラー映画を見ること。ピアノ

中島省吾指導員

■ 自分の性格を一言で言うと…
自分の性格を一言で言うと…
■ 愛車はなんですか?
eKワゴン(三菱)
■ ドライブするなら?
車でディズニーに行く
■ 趣味はなんですか?
映画や海外ドラマを見ること

山田哲央指導員

■ 自分の性格を一言で言うと…
あまり落ち込まない
■ 愛車はなんですか?
エクストレイル(日産)
■ ドライブするなら?
阿蘇山(熊本)
※熊本は路面電車があるので運転に注意!
■ 趣味はなんですか?
読書。とくに歴史小説が好き!